プログラミング講座

ワードプレスの始め方

ー初心者でもできるー人気のWordPressでのブログの始め

ここでは、WordPress(ワードプレス)を使ってブログを始める方法やメリットなどをご紹介いたします

ブログやWebサイトを作りたいけど、WordPressは難しそう

無料のブログから始めようか、、、、、

など、悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

そんなみなさまのために、「初心者でもできる!!!

人気のWordPressでのブログの始め方」を伝えていきます

はじめに👇

ワードプレスとは何なのかを説明いたします

WordPressとは、Webサイトをつくる際に必要とされているHRMLやCSSなどの編集知識がなくても、誰でもかんたんにWebサイトをつくることができ、コンテンツの作成や写真の掲載などをおこなうことができるソフトウェアです。

携帯電話からでも投稿出来ます

このようなシステムは、コンテンツマネジメントシステム(CMS)と呼ばれており、WordPressは、世界中で人気のCMSです

ワードプレスが人気な理由

WordPressが人気の理由は、大きくわけて3つです

・めちゃ簡単な手順ですぐに使うことができる
・無料ブログと同じくらい簡単にコンテンツを作成できる
・知識次第でSEO対策やデザインの変更など自由自在なカスタマイズができる

簡単に利用できる

WordPressは、難しいHTMLやCSSの知識がなくても、独自ドメインを購入し、レンタルサーバーの利用契約をおこなうだけで、すぐに利用を開始できます。また、サイト作成の手順もかんたんで、3時間もあれば、1つのサイトを作れることも人気が高い点です。

ちなみに僕はYouTubeの開設動画を見まくって立ち上げました

こちらです👇

無料ブログと同じコンテンツを作れる

アメーバブログやはてなブログなどの無料ブログと同じやり方で、コンテンツを作成できます。記事作成の画面では、文字を太字にしたり、ソースコードを入力したりと、記事づくりのサポートメニューも凄いです

他にもWordPressでは、プラグインなどで機能を拡張することができ、自分好みにコンテンツを作成するためのフォロー環境があることも人気です

自分の好きなようにカスタマズできる

知識がなくてもサイト運用ができるWordPressですが、知識次第では、できることが増える点も人気です。

SEO対策を意識したサイト構築や、デザイン変更など、HTMLやCSSを編集し、自分好みにカスタマイズして使用できるほか、プラグインでもさまざまな機能が充実しているので、やりたいこと、スキルに合わせて、自由自在なカスタマイズが可能です。

ワードプレスで必要な設定

WordPressは、上記でもあげたように、簡単な手順で使うことができます

ここでは、利用するための手順について説明しますね

WordPressを使うには、インターネット上に情報を保存しておくために必要な「サーバー」の契約と、作成したWebサイトのインターネット上の住所にあたる「ドメイン(URL)」の取得が必要です。

上記2点の完了後、WordPressをインストールします。

WordPressをインストールした後は、サイト作成に向け、サイトのタイトルやキャッチフレーズの設定、初期設定やテーマの設定、プラグインの導入などをおこないます。

WordPressでブログを始めよう

こちらね👇

WordPress.com: 高速、安全に管理されている WordPress ホスティング

WordPressのインストールが完了し、ログインできるようになったら、記事作成に進む前に、事前に考えていた構成案をもとに、初期設定をおこないます。インストール直後は、デフォルトの設定情報が入っているため、自分のWebサイトやブログに合わせて設定を変更します。

サイトのタイトル設定

・サイトのタイトル

・サイトのキャッチフレーズ

から設定をします

WordPressの管理画面左側のサイドバー[設定]→[一般]に進み、「一般設定」画面で設定が可能です。

インターネット検索で検索された際の検索結果画面に表示されるため、既存のサイトと被らないようなオリジナルの名前に設定しましょう。

また、あとからタイトルを変更することも可能ですが、インターネット検索時やサイトに訪問してくれる読者を混乱させてしまう可能性があるため、できるだけ最初に決めたタイトルから変更しないことをおすすめします。

パーマリンクを設定する

パーマリンクとは、サイトの各ページに設定される、ページのURLの事です

パーマリンクは、設定が複雑ですが、ある程度記事を作成してから設定すると、作成したページのリンク切れや、エラーページになってしまう可能性があるため

最初に設定しておくことで、今後のサイト管理がかなり楽になるので、必ず初期設定の段階で行ってくださいね

テーマの設定

次に、サイトのテーマを選択します。テーマを設定することで、サイトのデザイン変更や、使える機能を増やすことができるようになります。

テーマは、ナビゲーションメニュー[外観]→[テーマ]でインストール・設定できます

テーマには、無料で配布されているものや、有料なものなどさまざまな種類があります。自分のサイトのイメージに合ったテーマを選ぶようにしましょう。

SSLの設定

サイトの安全対策として、SSL化をおこないます

SSL化とは、ブログの読者の通信を「暗号化」させる仕組みを指します。SSL化したサイトのアドレスは「http」から「https」になります。

セキュリティーへの取り組みは、昨今のGoogle用のSEO対策でも重要なポイントですので、必ず対応しましょう。

SSL化の手順は、レンタルサーバー上での設定とWordPress上の設定の2ステップがあります。レンタルサーバー上での設定は、利用するサーバーごとに手順が違うので、確認しながらおこなってください。

レンタルサーバー上での設定が完了したら、WordPressの[設定]→[一般]に進み、WordPressアドレスとサイトアドレスの「http」箇所を「https」に変更します。

自分のサイトにアクセスし、URLが「https」になっている、または「鍵マーク」がついていればSSL化は完了です。

プラグインの設定

必須の初期設定ではないですが、プラグインを導入することで、便利な機能を追加することが可能です。

また、インストール直後は、デフォルトで2つのプラグインが設定されていますが、そのうち「Hello Dolly」は不要なので、削除をおすすめします。

WordPressは海外のソフトウェアなので、作成したページで日本語の文字化けが発生する可能性があります。対策として「WP Multibyte Patch」というプラグインを導入するのもおすすめです。

ここまで来たら、次はブログの書き方や、コツをお伝えいたします

WordPressについて、必要な初期設定が完了したら、実際に記事の投稿に入っていきます。ここでは、集客ができるような記事づくりをおこなっていくためのコツを説明いたします

読者と検索者の違いは?

「読者」とは、記事の読み手のことを言います、「検索者」も読者に分類されます。ここで重要視したいのが、その読者が「常連客」か「一見客」かです

ここでは

読者=常連客

検索者=一見客」として説明いたします

WordPressでブログをはじめる場合、読者の流入は、インターネットの検索結果からの集客がメインとなります。つまり、あなたのことやあなたの運営サイトのことは知らないが、気になっていることがあり「キーワード検索」をおこない、あなたのサイトをクリックし、たどり着いたユーザーになります。

ブログ運営の成功の鍵となるのが、この「検索者=一見客」をいかに増やすか、です。上記にあげた「常連客」をつくる第一歩も「新規客」である「検索者=一見客」の獲得からとなります。

この「検索者」を確保し、「読者」へと変化をさせていくためのコンテンツ作りが重要になってきます。

文章は分割し小見出しを入れる

「読者」と「検索者」の違いを学んだら、次はどのような記事が、「読者を増やす鍵」になるかを解説します。

ポイントは2点あります

1点目は、Googleの検索上位に表示されるような記事構成で記事を書くこと

2点目は、記事を読んだ読者にとって読みやすく、分かりやすい構成になっていることです。

これら2点には、文章の分割、小見出しの導入が役立ちます。

文章は分割するほどわかりやすくなります。1つの記事につき、小見出しは3つ以上入れるようにしてください。3つ未満だと、コンテンツの量だけでなく、質も不足している場合が多いです。

小見出しをひねり出すことで、記事の内容がレベルアップしていきます。無理やりにでも小見出しを増やした方が、特徴があり面白い文章になります。

このような工夫された文章を生み出すには、普段から気になったことをメモに残すことがおすすめです

読者が喜ぶ記事を書く

ブログの目的は、人にメッセージを伝えることです

読者の幅を広げ、集客数を増やしたいのであれば、読者のためになることは労を惜しまず、すべてやりましょう

まず、検索して流入してきた読者は、検索したキーワードにマッチした情報を求めて、サイトに足を踏み入れています。そんな読者にとって読みたいと思わせる記事を作るには、どうしたらいいのでしょうか?

最もやりがちなのが「日記」を書いてしまうことです。「朝ごはんを食べて、散歩をして、街中のバーゲンで買い物をした…」のような、朝から順番に行動を記録した文章です。芸能人の日記なら喜ばれますが、一般人の日記を好んで読む人はいません。日記ではなく、テーマを絞ってノウハウ記事に書き換えるといいでしょう。

たとえば、散歩は「○○市でおすすめの散歩コース7選」、バーゲンは「□□商店会のバーゲン情報を確実にキャッチする方法」といった具合に、読者にとって有益で得のある記事にするのです。

自分にとっては当たり前の日常でも、他人にとっては知らないことだったりします。「こんなこと役に立たない」とは思わずに、お役立ち情報にならないかを考えてみましょう。

自分のブログでアフィリエイトを始める

さて、ここまでブログの作り方や設定、記事の書き方についてお伝えしてきましたが、このブログが、収益化できることをご存じでしょうか?

副業としても、人気な収益化方法のひとつがアフィリエイトです。最後にアフィリエイトについての説明と、ブログを使ってアフィリエイトを始める方法について解説します。

アフィリエイトの基礎知識

アフィリエイトとは、「成果報酬型広告」と呼ばれるインターネット広告手法のひとつです。

自分のサイトやブログに、広告主(企業)の売りたい商品を紹介し掲載します。その掲載した広告経由で読者が商品やサービスを購入・申込みした場合、売上の一部を報酬として受け取ることができるビジネスです。

その際、バリューコマースのような、アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)会社を間に介することで、広告主と以下のようなやり取りをスムーズにおこなうことができます。

・広告主と提携し、広告を掲載することができる
・商品が売れると、報酬を受け取ることができる

ブログの収益化を検討している場合、ASPには必ず登録(無料)しておきましょう。

ブログの収益化

アフィリエイトの主たる目的はお金を稼ぐことですが、最初は収益5万円を目指して運用をスタートします。しかし、多くのアフィリエイト初心者がこの月5万円稼ぐという目標を達成できず、諦めてしまうことが多い状況です。

どうすれば5万円の壁を超えることができるのでしょうか? そのポイントについて簡単に解説します。

まず、初心者が月額5万円を目指すうえでおこなうべきは、ロングテール(検索ボリュームの小さな)キーワードを攻めていく方法です。

サイト作成に慣れていない段階で、最初から「化粧水」「ウォーターサーバー」のようなビッグワードを狙っても、ライバルに勝つことは困難を極めます。集客数の多いビックキーワードには、強豪サイトが常にひしめいているからです。

そこで、ライバルの比較的少ない掛け合わせキーワードのような小さなキーワードを狙って攻めていくことをおすすめします。

また、次のステップとして、そのようなロングテールキーワードを狙って書いた記事を、1日1記事3ヵ月作ります。サイトに100記事ほど公開するころには、集客がおこなえるようになります

アフィリエイトが儲かる理由とやるべきこと3つ

アフィリエイト市場が伸び続けていること、利益率が高いことが、アフィリエイトが儲かる主な理由としてあげられていますが、さらにもうひとつ、書いた記事が資産となることが最大のポイントです。

アフィリエイトでは、一度記事を書き、その記事から報酬が発生すると、基本的には報酬が発生し続けます(※)。もちろん、競合サイトの動向チェックや、記事の更新、サイトのメンテナンスをおこなうことも必要です。
※Googleのアルゴリズムアップデートなどで検索順位が変動すると、報酬額は変動します。

アフィリエイトでは、自分のサイトを長期的な視点で育てていく必要があり、そのうえで、やるべきことが3つあります。

・アフィリエイトの基礎知識を身につける
・しっかりとサイトを構築する
・売りやすい商品を選ぶ

アフィリエイトの基礎知識を身につける

まずは基礎知識を身につけましょう。ここでいう基礎知識とは、SEOの知識とアフィリエイト広告の知識です。SEOと聞くと難しい印象も受けるかもしれませんが、運用になれてきたら、参考本を読むことやセミナーへの参加などでの勉強をおすすめします。

しっかりとサイトを構築する

アフィリエイトで収益化を目指すのであれば、本記事でも紹介している、WordPressでサイトをつくるのがおすすめです。最低限の初期費用で運用を開始できます。

その際、コンテンツの中身もしっかりと構築し、読みやすい記事を心がけましょう。

質の高いライティングをする

「質の高い記事」とは、「キーワードに対して適切な情報を適切な記事構成で届けられている記事」です。

4.売りやすい商品を選ぶ

成果につなげていくには、アフィリエイトで「売りやすい商品」を選んで紹介することが大切です。たとえば、大手企業のサービスは売れやすいことが多く、その理由としては「信頼されている」「ユーザーがすでに会員登録している」「売れている商品なので安心する」などがあります

一連の流れはこんな感じですね

まぁ~色々考えても仕方がないのでとりあえずやってみるべしだね

-プログラミング講座

HTML Snippets Powered By : XYZScripts.com